レジデンス宮崎の活動状況

活動状況 記事一覧

2019/04/13 新入社員
 桜が咲き揃い始める4月1日。新卒の新入社員の渡邊さんが入社しました。
 渡邊さんから「分からないことが多くて、不安でいっぱいです。入居者の皆さんに優しく接する職員になりたいです。」と抱負を話してくれました。
 初日は、緊張して表情も声もガチガチ(当たり前ですが…)。日にちを追うごとに、会話や笑顔も増えてきました。
 接遇の研修も実施し、社会人としても一人前になれるように。また、介護職員として立派に成長できるよう、全職員で指導し、支えていきますので一緒に頑張っていきましょうね。これからの活躍が楽しみです。
2019/04/13 まめに豆を
 3月の終わりから4月にかけて、冬に植えたスナップエンドウと絹さやが収穫できるようになってきました。
 日当たりが良いのか、種をまいた時期がいいのか生育が早く、収穫できるようになりました。
 生活支援ハウスの職員から「お味噌汁に入れて美味しそうに食べてたよ~。」と聞きました。先日、食事のメニューにも「スナップエンドウのサラダ」がありました。
 だんだん暖かくなってきて、季節が変わっていきますね。
2019/03/15 バレンタイン
 2月21日に少し遅めのバレンタインでーレクを行いました。
 ホットケーキを焼き、そこにチョコレートシロップでデコレーションしました。
 積極的に参加してくれる方が居て、真剣な目をされ丁寧に、かつ迅速に手伝っていただいたので予定より早く完成することができました。
 みなさん、よろこんで美味しく頂きました。
レクリエーション委員会 3階佐久島 井上

完成したケーキを見てみたかったですね。作業の見守りをしながらの写真撮影は大変だったと思いますが、もっと写真が欲しかったですね。次の機会は、期待してますよ。
2019/01/10 もちつき
 今年も例年と同じように鏡もち作りをしました。
 「ヨイショー!ヨイショー!」という掛け声の中、お餅がつかれていきました。利用者の方にも餅つきを手伝っていただき、力強い音を響かせ、飾るだけでは勿体無く、よく伸びる餅が出来上がりました。
 その掛け声の中に「早く食べさせろぉ~!!」という声が…職員は思わず笑ってしまいました。目の前でお餅をついていれば食べたくなるのは当たり前ですよね。高齢者施設なので美味しそうですが、ごめんなさい。
 平成最後の年末、入居者の皆さまが健康で暮らせるよう職員一同で願っております。
2019/01/10 ケーキバイキング
 12月25日、今年もケーキバイキングを2階と3階でそれぞれで実施しました。
 ケーキに加え、和菓子も。今回は、その和菓子が人気。皆さん、それぞれ3個ずつ選んでもらいましたが、選ぶのに時間をかけて迷われる方がほとんど。その目は、真剣でした。そして、食べるのもあっという間に無くなってしまうほどでした。楽しそうな時間でよかったです。
 今回も、レクリエーション委員会とインテリアコーディネーター委員会との協力で実施しました。その職員も、別の階の様子を視察。「こっちの階は、飾りが少なくて、寂しいなぁ~。」や「あっちの階は、飾りが多すぎてごちゃごちゃしてるから、私はこっちのほうが好き~。」などと自分の階の事を評価してました。
 各階の職員が、入居者の皆さまを楽しんでもらおうと、考えて実施してきました。それぞれの良さがあって、どっちも良かったと思いますよ!
 

次のページ≫


▲ページトップ
Copyright © Residence MIYAZAKI. All Rights Reserved